2022.06.06 施工中 磐田市の家_設計コンセプト・詳細計画

『磐田の家』の設計主旨や詳細計画について紹介します。

建築計画のご提案をさせて頂くこの敷地は、お施主様が新たに土地を探されて購入頂いた場所になります。この敷地に至るまで幾つかの土地を悩みながらお施主様と一緒に検討させて頂きました、今となってはそれも懐かしい良い想い出です。

この敷地は日当たりも、風通しも良いので心地よく暮らすことができる住環境だと思います。

敷地の特徴としましては西側道路の交通量が多く、コンビニもある為、車と人の出入りが多そうですね。東隣の住居は建築計画の敷地側に開いた庭のようになっております、この東西方向からの目線を程よく遮りながら南側方向に抜けが出来ないか設計検討し、提案させて頂こうと考えております。

 

住まい手のご要望について

・ご夫婦とお子様の暮らし
・家族皆でのびのび過ごせて、安心して暮らしたい
・ご実家のご両親も新居に招いて安心して一緒に寛ぎたい
・家事動線を考慮した間取り希望。洗濯物を干す、乾かす、仕舞う
を効率よくしたい。
・室内は物を少なくして綺麗に保ちたい
・玄関で座って少しお話しできるようにして、直接和室にも上がれるようにしたい
・リビングには内障子を設けて大きなソファーを置きたい
・外観は軒が深くてコの字型の家を希望

ゾーニング

東隣の隣家からの視線と交通量が多い西側道路からの視線の双方をそれ程気にしなくても良い配置計画とし、かつ風通しと日当たりが良くなる室内空間を造り出す為に中庭を敷地中央部分に配置したいと考えました。

来客があった際も玄関内に少し座ってお話しできるように計画しました、左手の襖は3枚とも引き込めますので、和室との繋がりが巾≒2.5m程となり、直接和室に上がる事もできます。

リビングにはソファーを置きます、南面には大きな木製サッシがあり庭を眺めながらの癒し空間になります、開口部には内障子を設けましたので夜、障子を締めた時の空間の雰囲気も良いと思います。

 

キッチン背面収納の家具イメージです。

家族皆が集い寛ぐゾーンとプライべートゾーンを明確に分ける事で、快適に心地よく暮らせる住まいを提案したいと考えておりました。その為、プライべートゾーンには洗面化粧台、軒下で洗濯物を干す木製物干し、たたんで収納する場所等も計画しました。

和室の押入れは吊り型とする事で、押入れの下部に開口部を設ける事が出来ますので、光が差し込み、かつ風が抜ける和室とすることが出来ます。

外観は軒を1.1m程深く出し、夏場の日差しを遮りながら、太陽高度の下がる冬場は、室内に太陽光を取り込みます。

南には駐車場を配置しても十分にお庭の計画が出来ますので、素敵なお庭を眺めながら暮らすことが出来ますね。

南西からの眺めです、玄関へのアプローチも良い雰囲気になりそうです。

関連記事