設計者ブログ

間取りを考えている時…


「間取り」というと平面計画がまず思い浮かぶと思います。
平面計画は設計作業において、動線や部屋の広さなど暮らし易さに直結する何より重要な作業だと考えておりますし、家づくりを考える際に皆様もまず間取りが気になると思います。
ですが、間取りだけが良ければ他は後回し…というわけにはいきません。
建築は空間であり、どれだけ平面計画がよくてもインテリアや外観が後付けでは、質の高い住まいにはなりません。
私たち設計者は、平面を考えながら同時に空間をイメージしています。
構造計画と間取りのバランス、天井の高さ、窓の大きさや位置、照明、家具の配置などなど、立体としてとらえなければなりません。
慣れてくるとある程度は平面から空間をイメージできるのですが、さらに多くのスケッチを描きながら、空間のイメージや外観の確認を重ねて調整を繰り返しながら、間取りは完成します。
設計=間取りを考える事だけでは足りません。

岡本茂揮

MENU
PAGE TOP