設計者ブログ

これからの時代の幸せ

最近のニュースを見ていると、これからの時代の幸せの難しさを感じます。

ほとんどの幸せは人と人との関わりの中から生まれますが、その肝心な人との関わり方が、今の時代は難しくなったと感じます。

コロナで一層浸透したオンライン化による対面でのコミュニケーションの減少。
様々なハラスメントの曖昧だけどリスクの高い言動の縛りにより、他者との積極的な関わりを避けてしまう傾向。

このような社会状況の中、他者との関わりがデリケートになっており、そこから失敗を重ねて学ぶべき、人と関わりあって社会で生きていく力が学べなくなってきているように感じます。

そうなると、人間関係を学ぶ場のメインは、家庭・家族しかなく家族間でのコミュニケーションのあり方が、とても重要になってきます。

また、人には身体性があります。
意識する前に、体が本能で反応します。

どのように接すると人は喜び、
どのように接すると人はストレスを感じるのか、
オンライン化やデジタル化の進化は止められませんがアバターやコメントの後ろには見えてなくても必ず人がいるので、基本は変わりません。

他者と良好な関係を築き、幸せな人生を送る。

この生きていくために必要な力を身に着けるための家・家庭内環境。

これから真剣に考えていかなければいけない大きな設計テーマだと思いました。

大西等

MENU
PAGE TOP