スタッフ

仕上がりをイメージする

現在棟梁として初の物件を施工しています。

現場の進行状態は仮の床を貼り、壁や屋根に断絶材を入れ天井の骨組みを組んでいるところです。
この骨組みを組むタイミングで天井照明の位置や数年後に間仕切り工事を行う予定の位置にはよりしっかりと下地を入れておかなければなりません。もし入れ忘れてしまうと後から少しバラして下地を入れ直すことになります。

全ての仕事において仕上がりをイメージしながら作業していくことが、非常に重要なことだと思います。

社員大工 野嶋啓人

MENU
PAGE TOP