多世帯 山嶺露の家
凝った意匠と詩趣にあふれた現代数奇屋
風流を解する住まい手の趣向が随所に盛り込まれた「山嶺露の家」。一階の中央に二階まで吹き抜けた中庭を設け、その中庭に、二階天井のトップライトから光が差込むことで、家の中に「外」が生まれ、開放感を演出。さらに、玄関から奥の二つの和室に通じる廊下には、あえて程よい長さと曲がり角を設け、趣ある料亭の雰囲気を現出させています。
 また、二つの和室の間に石板を敷いた庭を設けたり、前庭に面して広縁を設えるなど、庭と建物の一体感を重視した造りも粋人好み。その他、欄間に梅の透かし彫りが施されていたり、南の和室の周りに瓦を敷くなど、素材に凝り、意匠にこだわる住まい手の「好きなものを寄せた」、まさに現代数寄屋と呼ぶに相応しい美しい住まいです。
船底天井が特徴的な南の和室
船底天井は杉板を羽重ね張りで仕上げ、
床の間の壁は柿渋染めの越後名尾和紙張り。
白を基調とした西の和室
大きな蹲踞(つくばい)のある庭を挟んで、南の和室につながる。
優美な木目と柔らかな木の質感が安らぎをもたらす2階のダイニング
格子戸で間仕切ることも可能。吹き抜けから階下に
木漏れ日のような光をもたらし、
「内」にいながら「外」を感じることができる。
和室前の広縁
広縁から庭を眺めて過ごす安穏なひととき。
和室の欄間には梅の透かし彫りが施されている。
山嶺露の家(さんれいあらわるのいえ)
●多世帯
●竣工年/ 2017年9月
●所在地/ 静岡県浜松市西区
●施工面積/ 330.37 ㎡
●敷地面積/ 422.89 ㎡
●受賞歴/ 第26回静岡県住まいの文化賞 優秀賞・しずおか優良木材賞
      ウッドデザイン賞2018
      浜松ウッドコレクション2018 住宅部門 優秀賞

作品集を探す

おすすめの作品集