2022.03.30 施工中 船越町の家_設計コンセプト・詳細計画

「船越町の家」の設計主旨や詳細計画についてご紹介します。

解体前の現地の様子

建築計画のご提案させて頂いた敷地はご主人のご実家になります、ご主人の親御さん世代より前から暮らされていた敷地への建替えとなります。ご縁があって東隣の貸し駐車場であった敷地を購入されたことで敷地の間口が広がり、日当たりも良く建築計画案の選択肢が増えました。

解体後の様子

敷地の面積は約40坪、北と南の2方向が道路に面した土地で閑静な住宅地です。解体工事が完了すると、敷地全体が見渡せますので周辺環境との関係性はより一層想像がしやすいですね。

■設計条件・住まい手のご要望

・夫婦とお子様の3人暮らし。
・家族が身近に感じられて、かつ心地良い空間造り。
・家事動線の流れを良くする事で毎日をさらに快適に暮らせる家。

ゾーニングスケッチ

キッチンは冬でも比較的暖かな場所で作業が出来るようにと南側に配置しました、リビングは日当たりが最も良い場所に配置し、大きな窓から光と風を取り込むことが出来ます。

ダイニングはキッチンに対して横並びに配置しましたので食事の配膳はスムーズです。洗濯物は乾燥機と室内干しの両方で対応できるようになっており、直線的な動線で効率良く作業できると思います。

リビングのイメージ_1

ゆったりとソファーに座り、庭を眺めながら寛ぐことが出来ます。

リビングのイメージ_2

趣味コーナーが近くにあっても楽しいですね。時には好きな音楽を聴いたり本を読んだり、家族を身近に感じながら趣味の時間を楽しめます。

洗濯の作業動線を短くするイメージ

洗う、干す・乾かす、仕舞う(収納する)の各作業の流れを慎重に考えながら設計提案させて頂きます。

関連記事