設計者ブログ

七夕飾り


7/7は七夕でしたね。願い事を書いて短冊を飾ったよという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私も甥っ子家族と七夕飾りを作りました。
折り紙を使って灯篭や、星など様々な飾りの作り方が動画配信されており、楽しんでできました。

余った折り紙の切れ端も、星に見えたり、丸くつないでリングにしたり、子供たちが好きなキャラクターや動物を作ったり、元は違う用途だったり捨ての部分でも工夫すればほとんど飾りに作り替えることができ、材料を余すことなく使う、発想を変えて別の何かに使用することができる、これは何に使えそうかと考えるのもまた面白かったです。

今、全国的に材木の不足という問題がありますが、設計段階でなるべく無駄に大きな部材を必要としなくて済むよう、構造が素直で無理がなく、シンプルにすること、大きなスパンを飛ばさず、材せいが大きくならないよう配慮しています。

時にはスパンを大きくすることで充実した魅力的な空間となることもあり、また材料を見せることで木組みの力強さを魅せたりすることもあるので、一概に材せいを小さくすることがすべてではありませんが、無理と無駄のない力の流れと構造、そしてそれが見えた時どうか?を何度も行ったりきたりしながら、納得できる着陸点へたどり着けたらと思います。

今まであると思っていたものが手に入らなくなっても、代わりにできることを切り替えてある材料の中でどうするか?を楽しみながら進めていけたらと思います。

山口江梨子   サン工房 平屋 二階建て 木の家 浜松 工務店

MENU
PAGE TOP