スタッフ

規矩術


規矩術という言葉を聞いたことありますでしょうか?
大工の加工技術で定規などを使い木材の接合部分を設計する方法です。
簡単に表現するなら「差し金」の使い方となります。

差し金はホームセンターでも購入可能なL型をした金属製の定規で、
メモリがcm表示と尺表示があり、
表と裏が同じメモリのものと「裏目」と呼ばれる表と裏が
異なるものがあります。

裏メニューみたいなものですね。
先日、大工さんに裏メニューの使い方を教えて頂きました。
専門用語が多くて覚えきれないので困りましたが
本が販売されているそうです。
設計に関わる者として必要な術でもあるので少し学んでみようと思います。

鈴木康志

MENU
PAGE TOP