サン工房|浜松市 工務店:木の家の注文住宅・リフォーム

住まいの特徴性 能

丈夫で長持ちする家づくり

設計事務所であるサン工房がつくる「長期優良住宅」

かねてより「丈夫で長持ちする家をつくる」を標榜するサン工房は、
長期優良住宅認定制度がスタートする以前からそれと同等の住宅性能
および維持保全計画を持った家づくりを実践してきました。
現在、サン工房が設計・建築する住宅はすべて、
所管行政庁より長期優良住宅の認定を受けています。

設計事務所であるサン工房がつくる長期優良住宅。
そこには、これからの日本の家のあり方が詰まっています。

長期優良住宅に求められる4つの性能
丈夫
耐震等級3

極めて稀に発生する地震による力の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度の耐震性能を有していること。学校や避難場所などの施設に求められる耐震性能と同等。

長持ち
劣化対策等級3

通常想定される維持管理条件下で、3世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

お手入れ
維持管理等級3

構造躯体に比べて耐用年数が短い、内装・設備について、清掃・点検・補修・更新を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

省エネ
省エネルギー対策等級4

冷暖房負荷を軽減させるための断熱性能、開口部の機密性能が確保され次世代省エネ基準を満たしていること。

自然素材

日本の家づくりに使われてきた材料は、地域で産出された自然素材が殆どで、その生産においては地域に受け継がれてきた生産技術が生かされ、それが地域経済を支えてきたと言ってもいいと思います。
気候の影響をコントロールしながら、和紙や石材、塗り壁といった地元産の自然素材を上手に利用する環境共生型の「日本の家」のしつらえや技術は、エネルギー消費の抑制が課題である今日において、一層評価されるべきだと考えます。

サン工房が考えるゼロエネルギーの家(ZEH)の役割

サン工房では今後、新しい省エネルギー基準に適合した家づくりはもちろんのこと、ゼロエネルギーの家(ZEH)の建設にも積極的に取り組んでいきます。しかし、単にハード面で国の施策や法的な基準に適った家であるだけではなく、地域との「連携」や「互助」といったソフト面も重視した家づくりを進めていこうと考えています。それは、私たちの建てる家が、日常的には縁側や土間を活用したコミュニケーションの場として、また災害時には、太陽光発電や蓄電池、さらには水の供給源となる井戸を備えた自立型住宅として、身近な避難所にもなり得る、そんな地域社会の役に立つ家であってほしいと願っているからです。
持続可能な循環型社会は、省エネや創エネによって資源を効率的に利用するだけでは実現しません。人が一人では生きていけないのと同様に、家も地域社会の一員として、近隣とのつながりの中で活かし続けてこそ、生き続けることができるのではないでしょうか。
サン工房は、循環型社会の実現に向けて、優れた省エネ、創エネ性能を持つとともに、再生可能な自然エネルギーの積極的な活用を図り、さらには人と人とのしなやかなつながりを大切にした、サン工房ならではのゼロエネルギーの家(ZEH)「結ぶ家」を、お客様と想いを共有しながらつくっていきます。
» サン工房ゼロエネルギーの家(ZEH)普及目標

災害を減らすことはできませんが、「もしも」は減らせます。

日中補充した太陽光の自然エネルギーは、日常生活に必要な電力の一部として使用。
そして太陽光発電に蓄電池を併せておけば、電気を蓄えることができ、停電時にも蓄えておいた電力をライフラインとして利用することが可能になります。
太陽光パネルの大きさや発電状況にも左右はされますが、普段より小さな暮らしを心がけることにより電気の自給自足ができれば、災害時において自宅避難にも考慮の余地が生まれます。
災害弱者となり得るご家族がいる場合などは尚更、できるだけ平時と同じ環境での生活の維持が必要になってくることかと思います。 私たちの日常は当たり前に電力の恩恵の上に成り立っていますが、その当たり前がなくなってしまったときの為に備えておく“自助”は重要なことかもしれません。

▲TOP