サン工房|浜松市 工務店:木の家の注文住宅・リフォーム

会社案内メディア情報

浜松ウッドコレクション2018
住宅部門 優秀賞:山嶺露の家

風流を解する住まい手の趣向が随所に盛り込まれた「山嶺露の家」。一階の中央に二階まで吹き抜けた中庭を設け、その中庭に、二階天井のトップライトから光が差込むことで、家の中に「外」が生まれ、開放感を演出。素材に凝り、意匠にこだわる住まい手の「好きなものを寄せた」、まさに現代数寄屋と呼ぶに相応しい美しい住まいです。

浜松ウッドコレクション2018
一般建築物部門 優秀賞:まるたけ堂珈琲・くつろぎ庵

喫茶店とヨガ教室、異なる店舗を同じ軒下にそれぞれ構えました。店舗間に配置した通り土間は敷地の南北にある駐車場から店内にアプローチできるように動線を計画しました。店舗空間を明確に分けることで程良い距離感が生まれ、内部空間は周囲の視線を程よく遮りつつ庭と一体化することで室内に抜けを作り、景色を楽しむことが出来る素敵なお店です。

「山嶺露の家」がウッドデザイン賞2018を受賞しました

「山嶺露の家」が、「木」に関するあらゆるモノ・コトを対象に、暮らしを豊かにする、人を健やかにする、社会を豊かにするという3つの消費者視点から、優れた製品・取組等を表彰するウッドデザイン賞2018(ライフスタイルデザイン部門)を受賞しました。

         

住生活月間功労者として国土交通大臣より表彰を受けました

㈱サン工房 取締役会長 松井進が多年にわたり住宅産業に従事し、地域工務店が自社設計可能となること等を目的に研修を実施する等、地域工務店の事業推進に大きく貢献したことに加え、関係団体の役員として、地域工務店が得意とする木造軸組工法の普及等に尽力し、地域工務店の事業推進に顕著な功績があったと認められ表彰を受けました。

         

浜松ウッドコレクション2017
優秀賞:駘蕩の家

奥様のお母さまと3人で住む家です。「和」を感じるしつらえを基調に仕上げたことで、外観、内観ともとても落ち着いた雰囲気を醸し出しています。また近隣からの視線なども考慮し、敢えてリビングなどのくつろぐ場所2階にしましたが、とても居心地の良い空間になっています。家の名前である「駘蕩」とは春の情景などが平穏でのんびりしているさまをいいます。敷地は48坪で大きくはありませんが、南庭、中庭を設けることで、家のいろいろな場所から四季を感じながらのんびりと過ごすことができるように設計しています。

第25回静岡県住まいの文化賞
最優秀賞(静岡県知事賞)・豊かな暮らし空間創生推進協議会賞:悠結のイエ

周囲の視線を感じることなく、家族全員で楽しく暮らす「悠結のイエ」。敷地の高低差を利用した配置計画により、道路からの視線をガレージの木製面格子により緩やかに遮りつつも、住まいとガレージの間にできた中庭が開放感を生み出しました。広い敷地を利用し、北側に小さな庭を設けることで、寝室や家事室からも庭を眺めることができ、ほっと安らぎを与えます。室内はコンパクトながらも、建具を開くとすべての居室は一体に広く使用することができ、造付けソファや丸テーブルの掘りごたつを設けることにより、各々の居場所を確保しました。キッチンは、リビングダイニングからキッズスペースまで見渡すことができる場所に配置し、回遊性のある動線を確保することで家事を効率的にこなせるように配慮しました。子供室は、子供の成長に合わせ3部屋に区切ることができる、将来を見据えた空間設計となっています。家族どうし、そして家の中と外との間に自然と一体感が生まれる、平屋ならではのシンプルで心豊かな住まいを実現しました。

第24回静岡県住まいの文化賞
優秀賞・しずおか優良木材特別賞:雪月花の家

「琴詩酒、友は皆我をなげうつ 雪月花の時 最も君を思う」
雪、月、花の美しいときは、ともに詩を詠じた君を思い出す、という白楽天が旧友に贈った詩の一節。時節の移りかわりを楽しみながら、家の情景が忘れられない思い出になれば、家族と共に過ごす時間がかけがえのないひとときになるでしょう。
儚く移ろいゆく季節が、いま目の前にあることだけを心から楽しめたらどんなにいいだろう。そういった想いを込めて設計しました。

もくもくまつり2012 木の住まいデザインコンクール
最優秀賞:空にひらく家

みかん畑に囲まれた豊かな自然環境の中に立つ、シンプルな箱の家です。
印象的な格子戸をくぐりぬけると青い空を切り取ったような中庭へと導かれ、中庭から風や光が室内を通り抜けていきます。
非常に開放的な気持ちのよいリビングからは、大きな木製開口部を介してダイナミックにデッキや庭と繋がり、屋内/屋外の境界線を感じさせない広がりのある設計としました。
「ひらく(陽)」「とじる(陰)」を効果的に配し、家の中に居ながらも時間や季節の移ろいを感じられるような、豊かな空間をつくりました。

もくもくまつり2012 木の住まいデザインコンクール
優秀賞:風趣・ゆらぎの家

意味として、風月は大自然を代表し「春は百花・夏は涼風・秋は月・冬は雪」と自然は私たちの心が素直であれば、季節の風物は、私たちに福音をいろいろと与えてくれます。
風流、「風が流れる」という「ゆらぎ」は日本人独特の感性で「ゆらぎ」を楽しむことは、人間の最高の贅沢かもしれません。ゆるぎない「志」や「生き方」は、ほんのわずかな「ゆらぎ」を見出せることが出来る家。それが、「風趣・ゆらぎの家」の意味です。設計を始める前に住まいに対するお話を伺い、自然を楽しみ、家族を大事にする事を考えた場面や場所をどのようにつくっていけばいいのか、周辺環境、敷地の場所を活かすために何がいいのかを考慮しました。またお話の中で「思い出の場面は、学校から帰宅し夕飯をつくる母へカウンター越しにその日学校であった出来事を楽しく会話した事が懐かしくよみがえる」の言葉が印象に残っています。親子、夫婦、家族が大事にしたいものは絆であったり、忘れないという心や、その忘れない場所、場面を、家の内、外につくり出し、楽しい事や心に残る出来事、行事…またほろ苦い事があったりしても、それさえも思い出になる。そんなことを思いながら設計させていただきました。

2004年静岡県住まいの文化賞
優秀賞:パタンランゲージに辿り着いた家

2004年木の家デザインコンクール
最優秀賞:遊び心のある家

2008年伊礼智設計セミナー
奨励賞:「庭をたのしむ家」

伊礼智設計セミナーへ40名の設計士が参加。サン工房からも2名の設計士が参加し、設計作法の基本を学びました。今回の設計課題は ”外部とつながる住まい” 。外部から入ってくる、光や風、音、匂い、コミュニケーションなどを取り入れることで豊かな暮らしがひろがる住まいについて考えます。

2008吉田桂二設計講座
最優秀賞

吉田桂二さんによる設計講座上級コース(全6回)が行われました。各地から11名の設計士が集まり間取り、設計についての考え方について学びます。毎回出される課題の総合評価において受賞いたしました。

2007年伊礼智設計セミナー
最優秀賞:「枇杷のなる家」

伊礼智設計セミナーへ38名の設計士が参加。サン工房からも2名の設計士が参加し、設計作法の基本を学びました。今回の設計課題は”町角の家”。町と家の関係、町にも、その家にとっても楽しくなる”町角”とはどのようなものかを考えます。

一般社団法人JBNより感謝状をいただきました。

全国の工務店組織一般社団法人JBN(以下、JBN)主催の全国大会が平成25年11月13日~15日に行われました。
JBNは「工務店による、工務店の為の組織」とし、各省庁とともに様々な活動を行っています。
家づくり、家守りを担う地域の工務店の技術の研鑚と、その発表・提案の場として設けられたJBN全国大会にて感謝状をいただきました。

地域木造優良住宅(ちきゆう住宅)供給促進の実績から表彰を受けました

サン工房は、全建連(社団法人全国中小建築工事業連合会)」が推進する「地域木造優良住宅(ちきゆう住宅)」の供給促進事業に於いて静岡県西部地域に良質な住宅の供給に積極的かつ国民の住生活及び建築業界の発展に大きく貢献したとして表彰を受けました。今後もサン工房の家づくりに関わる、職人、社員一丸となり「丈夫で長持ちする日本の家づくり」に励みたいと思います。

模範的な優秀技能者としてサン工房大工が表彰されました

サン工房が加盟する工務店の全国組織「全建連(社団法人全国中小建築工事業連合会)」にてサン工房大工「窪野勝馬」が模範的な優秀技能者として表彰を受けました。日本の家づくりを信念に、高い技術力の確保と大工技術の継承へ今後も積極的に取り組みたいと考えています。

         

サン工房の掲載雑誌・取材

サン工房では、家、住まいに関する本、写真集を多数取り揃えております。
閲覧をご希望の方は是非お気軽にギャラリー、アトリエ、建築資料館にお越しください。

▲TOP