サン工房|浜松市 工務店:木の家の注文住宅・リフォーム

サン工房のあり方

日本の家をつくる

日本の家の特徴としてまず思い描かれるものは、勾配が付けられた屋根と軒の深さではないかと思います。日本は雨の多い国であり、雨水が建物に侵入すると建物を早く傷めるおそれがあるため、必然的に屋根は勾配が付けられ軒はなるべく出す形になったと思われます。また深い軒は夏季に強い日差しを遮る効果もあり、季節ごとの日照を調整できます。構造体である柱と梁のフレームのあいだには大きな窓になっている場合が多く、この窓から外部の風を取り入れ、明るい光を導き入れます。庭や外部の景色も積極的に取り入れることができるのもこのような大きな窓のおかげです。
こうした気候の影響をうまくコントロールしながら自然をうまく利用しようとする環境共生型ともいえる「日本の家」のつくりかたや技術は、エネルギー消費の抑制が課題となっている今日では、一層評価されるべきであると考えます。

「家守り」
としての使命

家にはずっと『守り手』が必要ということです。親から子へ子から孫へと世代を超えて住み継ぐためには、点検・保守が不可欠。そのためにはサン工房という企業が永続しなくてはなりません。 「法人」とは、法律によって「人」と定義されています。したがって法人には、心があり個性もあります。そして、建築に携わる法人は、『長寿であろうとする強い意志』が必要であると私たちは考えます。 嬉しくもあり寂しいことでもありますが、私たちが建てた家の寿命は、実際に関わった人間よりずっと長いのが現実です。

しかし、遠くの未来まで住まい手の家を見守るのは、サン工房の責任なのです。さらには、従業員やその家族、職人さんたちとそのご家族を見守っていく気概が 「法人」の意志として存続していなければなりません。次の『守り手』をいかに育て、『長寿であろうとする意志』をいかに伝えていくか…。この信念を持ち続けることが、サン工房の家づくりのもうひとつの基本です。

日本の家をつくる

新 和 風

日本文化は、海外からの異質文化と対峙するのではなく、むしろそれを上手に受け入れ、止揚することで、多様な文化を生み出してきました。私たちは「つくり手」としての感性をもとに日本古来の美意識を培うとともに、とめどなく流入する異質文化を巧みに咀嚼・混用し、明日の和風建築を創出します。

新和風

現代数奇屋

江戸時代から連綿と引き継がれてきた数寄屋という建築様式。その最大の魅力は、自然との共生に喜びを感ずる日本人の感性と、格式や権威を厭う「数寄者(すきしゃ)」=風流人」の個人的趣味を形にした数寄屋ならではの軽妙さや開放感から生まれる居心地の良さなのではないでしょうか。
つまり、数寄屋には日本の家の本質があり、だからこそ、今もなお、多くの住まい手に選ばれ続けているのでしょう。
かねてより「日本の家をつくる」を標榜し、真に居心地の良い住まいを追求するサン工房は、改めて、数寄屋に着目し、その様式の真髄を家づくりに生かすとともに、時代に即して新しい意匠や素材を取り入れた現代数寄屋を提案していきたいと考えています。

▲TOP